ROUND 39

 タイミング感覚が問われる。また、ポンプボタンの押し損ねも致命傷となる。点効率が落ちる確率がアップするが、安全を期すなら43面以降と同じパターンを使うと良い。

 横穴をちょっとだけ右に掘り進め、すぐに戻る。

 

 3発撃って膨らませる。の真下で膨らませるのが重要。
 面が進行すると、このが確実にどんどん早くやって来るようになる。そのため、どんどんタイミングがキツくなる。だから、このパターンは39面までに留めるのが無難だが、43面や47面でも不可能ではない。

 また、きっちり3発撃ち込めず2発以下しか入らなかった場合も致命傷となるので注意。

 1キャラ分だけ病気掘りする。31面までとは違う。

 先に膨らませておいたに、追加で1発撃ち込む。の位置が左にズレていて、ここでモリが空振りすると大ピンチに陥る。また、最初に3発撃ち込めなかった場合もここでモリが空振りし一巻の終わりとなる。

 潜り抜けたら1発更に追加でモリを入れておく。これも31面までとは違う。
 27面や31面では、ここで追加のモリ撃ちは厳禁である。

 

 の下から右にどけるが、が迫っているので軽く引き返す。
 言うまでもなく既には落下態勢に入っている!

 27面や31面とは異なり、が早い。しかし早いが故に一緒にの下敷きになってくれる。

 右から迫るにモリを撃ち込み、落下するをかわす。
 度胸と冷静さで勝負せよ。

 が落ちたら縦穴に引き返してを誘導。5匹一度に潰す。残ったは、さっさと破裂させてしまう。

 残りが3匹になれば、2つ目のを活用して点を稼ぎたいと思うのが人情だ。ところがこれ、非常に危険である。

 最悪の位置に横穴があり、の方に移動するとたちまちになりやがる。
 こうなると、を取りに行くのが突然ハイリスクになる。

 2つ目のを落とす前に敵を2匹まで減らした上で右の縦穴に肥らせておき、それからが鉄板。

 

動画

Get the Flash Player to see this player.

 

戻る