ソニックスタート

 単にぶつけて貰うだけのソニックスタートだが、論理的に最適なやり方というものがある。シンプルだがすべての基本になる極めて重要なテクニックなので、うまいやり方を覚えておこう。

1.進路変更は平行移動で
 衝突は1秒にも満たない短時間で起きる。普通にハンドルを切って的確にブロックするのは確実性に欠ける。重心移動による平行移動でライバルの進路を塞ぎに行くのが良い。

2.ライバルはマイカーを追い越そうとする
 そんなことは誰でも知っているが、もしもライバルの真正面に立ち塞がると、ライバルは左右どちらから抜いて良いか分からずに左右に進路を振って来る。ライバルの挙動が不安定になるとブロックがやり難くなる。だからライバルの真正面からブロックしようとしてはいけない。必ず左右いずれかに少しズラしておく必要がある。その結果として、車体の左右いずれかの端に偏った場所に追突を受けることとなる。

3.追突されればマシンは不安定になる
 ワイルド・グースであれば余り気にする必要はないが、普通はファイアー・スティングレーを使うだろう。スティングレーもかなり姿勢は安定しているが、それでも追突されれば不安定になる。挙動が乱れれば速度が低下し、ロスになる。特に加速の最悪なスティングレーでは、1キロでも速度をキープするのが重要。
 そのため、追突される瞬間にハンドルを切っておくのが有効。例えばマシンの左側に追突を受けると、反動で右曲がりに挙動が乱れる。この瞬間に左ハンドルを切っていれば、乱れを打ち消してすぐにマシンを安定させられる。

 単なる理屈で計れない部分として、ライバルの動きがある。マイカーの動きによってライバルの動きも変化してしまうため、経験的にライバルがこっちの都合良いように動いてくれると判明した操作が良く使われる。
 お勧めなのが、最初は左スライドするが最後に軽く右スライドで引き戻す方法。実際にやってみるとライバルの挙動が安定し、ブロックが容易になる。左から右への切り返しタイミングは、練習を重ねて体で覚えてしまうようにしよう。

 FSを使う場合、グランプリではライバルが右側になる。このため、操作方法も変化する。

 

完全保存計画に戻る