薬室の製作

 これはあくまで一例。パチンコ玉の固定方法は非常に設計の自由度があるため、独自に工夫してみよう。

 基本は内径12ミリ外径16ミリのアクリルパイプを加工する。
 内径16ミリのアクリルパイプを輪切りにし、ピアノ線固定に使う。ピアノ線はパチンコ玉抑えとなり、太さ0.6ミリ。

 上部からパチンコ玉を入れる。コイルは右側に接着する。チャンバー端の切り欠きにパチンコ玉が少し落ちて、コイル端に引っ掛かるように固定される皮算用。

 パチンコ玉が銃口から落ちるのを防ぐ引っ掛かりは用意されたが、逆に手前に落ちるのが防げない。
 暫く悩んだ末に、チャンバー下部に切れ込みを入れる。

 切れ込みにも0.6ミリのピアノ線を渡してエポキシで接着。コイル端との間でパチンコ玉を支える形になる。
 上の写真もそうだが、チャンバーは上下逆に置いて撮影している。

 結論から言うと少し固過ぎた。この部分は、もっと細いピアノ線を使った方が良さそうだ。
 この部分の調整は猛烈に微妙である。大量生産に向かない職人芸だ。何とかしたいのだが・・・

 

戻る