サスアームの製作

 

 オリジナルのキットのままではサスアームが動かない。小さい35分の1といえどもサスアームは動かしたいもの。構造はタイガー1と類似しているため、同じ方法で可動に出来る。

 

中央転輪サスアーム

ピンバイスで穴開け  まず、ピンバイスでサスアームに穴を開ける。
 使用したドリルは0.7ミリ。
 こういう作業は電動工具を使うよりも、ピンバイスの方がやり易い。
 背景の方眼紙は3ミリ。
 太さ0.3ミリのピアノ線の先端を折り曲げ、さっき開けたサスアームの穴に挿し込む。
 写真ではまだ付けていないが、ピアノ線の先端にはエポキシ接着剤を塗ってから挿し込む。
 細いピアノ線は指先に刺さりやすく危険なので、折り曲げ等の作業には十分注意すること。
 可動にする場合、サスアーム中央の固定穴は不要であり、やすりで削り取ると外観はよりリアルになる。
 しかし明らかに強度は低下するので放置してある。サスアームは折れ易いのだ。
ピアノ線差し込み
ピアノ線装着済み  ピアノ線を取り付けたサスアーム。
 エポキシ接着剤が少し盛り出ている。
 合計8本製作する。
 4隅のサスアームは折れる危険があるので別途製作する。
シャシーに固定  ピアノ線のねじれ弾性を利用したトーションバーでサスアームを可動させる。実車と同じ方法である★
 トーションバーが通るシャシーは節を抜いておく。
 サスアームと反対のピアノ線の先端も折り曲げ、やはりエポキシ接着剤で固定する。
上部トーションバー  反対側のトーションバーは2階建てなので作業がやや面倒。
 先端は直角程度に折り曲げ、パーツB7で先端をサンドイッチすることで固定することにした。
 ピアノ線の太さがあってちょっとズレてしまうが、見た目はそう悪くない。
 盛り出た接着剤が擦れて動きが少し悪くなってしまった。シリコンオイルでも注入して誤魔化さねば(汗)
 35分の1ではサスアーム工作が大変。揃った角度で取り付けるのはタイガー1でも経験した通り容易ではない。

 

4隅転輪サスアーム

サスアーム  大きな力が掛かる4隅の転輪のサスアームは特別製。
 タイガー1で折れたのを教訓に、絶対折れないサスアームを製作することにした。
 材料はL字の捻じ込み式金具。鍔の部分を鑢で削り取り、サスアームと同じ形に曲げた。ネジ山にも鑢を掛けて、内径2.5ミリのベアリングがハマるようにしてある。
ピアノ線取り付け  根元に切れ込みを入れ、先端を折り曲げたピアノ線を差し込み、模型用瞬着で固定。
 ピアノ線の太さは0.4ミリ。
 サスアームの材質はステンレススチールである。
トーションバー  内径2.5ミリ、外径3.1ミリのステンレスパイプを適切な長さに切断。一方の端をスリット状に加工してある。
差込  ピアノ線付きのサスアームをステンレスパイプに挿し込む。曲がったピアノ線先端がスリットにハマる。
 サスアーム根元にはグリスを塗っておく。
 挿し込んだ後、パイプ末端にも模型用瞬着を塗って固定する。
超強度サスアーム  完成した超高強度のサスアーム。
 銀色の輝きが美しい★
 オールステンレススチール製。15分の1や16分の1の戦車でさえサスアームは亜鉛合金使ってるのに、35分の1のハーフトラックにステンレスである(汗)
 さすがにコイツは折れないだろ?
シャシーにセット  トーションバーハウジングを3ミリドリルで削り、サスアームをセットする。
 エポキシで固めてしまう。
 この後2階のサスアームも取り付ける。

 

戻る