砲塔

 

 砲塔は最も重要な部分である。本物の戦艦が主砲を運ぶための船であり、本物の戦車が主砲を運ぶための車であるように、模型戦車はエアガンを運ぶためのラジコンカーである。
 従って、究極王虎を目指す以上、究極のBB弾発射機構を備えねばならない。
 目指すべき仕様は以下の通り。

・全ギミックは完全に16分の1ポルシェ砲塔内部に格納し、外観は壊さない。
・メンテナンスし易い構造とする。モーター等消耗部品は交換可能なように組み込む。
・BB弾のパワーは十分かつ穏当に設定。約0.9ジュールの電動エアガンを組み込む。
・セミオートで撃てる。
・弾切れを自動検出し、空撃ちが発生しない安全機構を装備。
・本物と同じ80発の装弾数 (ヘンシェル砲塔は86発です)。強制給弾方式。
・BB弾発射時に砲口が光る。
・BB弾発射後に砲身が駐退アクションを起こす。拳銃で言うところのブローバック。
・マイナス10度からプラス20度程度まで砲身を上下させられる。

 これらを実現する補助技術として、大容量電気二重槽コンデンサーやワンチップマイコンPICを使用する。特にPICはメカの省略に威力を発揮し、狭い空間に詰め込む大きな武器となる。

 

BB弾発射機構

ギアボックス (1999/07/15)

砲身 ()

 

戻る