車体側面

 

車体張り出し部

起動輪付近 誘導輪付近
 オリジナルにあってラジコン版にないのが車体張り出し部の底板である。キャタピラのすぐ上を覆うこの板がないと、巻き上げられた埃が無防備に車体内部に入ってしまう。
 そこでL字型のアルミ板を装着した。位置はもちろん実物と同じである。アルミ板の厚さ分の誤差はあるけど・・・
リアパネルとの接合  リアパネルと車体の取り付け部分は切り欠いてあり、段差なしにピッタリとはまる。
 とは言え隙間は出来るので、例によってエポキシで完全にシールドしてある。
 実車同様に斜めに傾斜して取り付けられている。車体上部がピッタリと被さる。少し隙間が出来るがサイドスカートで隠れるから見た目の問題は無い。 側面全景

 

戻る