足回りの改造

 

 ラジコン戦車ってのは動いてナンボだから、足回りを手抜きしてはいけない。
 念入りに製作すれば、走行性能のアップとして後々まで楽しめるようになる。

 まずはサスアームの改造。
 太さ0.45ミリのピアノ線の捻じれ弾性を利用したトーションバー方式とした。サスアームには穴を開け、先端を折り曲げたピアノ線をエポキシで接着。
 反対側はピアノ線を直角に曲げ、シャシー底面に開けた直径0.5ミリの穴に通した。
 サスアームの角度がどうしても一定せず、結果的にトーションバーの発条の強さがバラついてしまった。転輪の位置もこのままでは1ミリほど左右にガタついてしまいそうだ。
 この手の工作は難しい。見た目はシンプルだが数多くの試行錯誤を繰り返し苦労した。マネする場合は覚悟して下さい。これは想像以上に製作大変です (^_^;)
トーションバー
ダンパー  ダンパーはでっぱりを削り取り、代わりにゴム小片を接着した。
 実際には殆どダンパー効果はないが、気休めと自己満足の世界である(汗)
 誘導輪の穴は直径5ミリだが、これを直径6ミリに削り広げた。
 これに、内径3ミリ外径6ミリのベアリングをセット。誘導輪アームを差し込み、ゴムリングを接着して抜けないように加工。
 誘導輪のフタはオリジナルのままでも十分な空間があるので、このまま被せて接着すればスムーズに稼働する。
 トーションバーが思ったより強い発条になってしまったため、キャタピラの張りも強くなりそうである。だから誘導輪にはベアリングを仕込まないと走行抵抗が大きくなると判断した。
誘導輪
起動輪ファイナルギア  これは形から分かるように、起動輪ファイナルギアのパーツ。
 内径6ミリ外径8ミリのアルミパイプを5〜6ミリの長さにカット。誘導輪のと同じベアリングを仕込み、パーツのでっぱりに被せる。
 周囲にエポキシを流し込んで固めれば完成。
ホイールa 軸をカット
 転輪<ホイールa>は軸を半分程度の長さにカットする。
 そして、内径5ミリ外径6ミリの真鍮パイプで接続する。これは、サスアーム抜け防止のゴムリング用のスペースを確保するためである。
B11 B12
 転輪<ホイールb>は少し複雑。
 B11の穴を広げて掘り下げ、ベアリングをセットする。ここで使用するベアリングは内径3ミリではない内径2.5ミリのものを使った。
 B12のでっぱりは除去し、少しだけ掘り下げる。右端は穴掘りに使用したホールソーである。直径5ミリのホールソーがあれば良いんだけど無かったので6ミリのを使っている。そこでベアリングも外径6ミリが活躍。内径2.5ミリってのは普通のショップでは入手困難かもしれないが、サスアームには内径3ミリのものよりピッタリ合う。

 

ホイールa内側  まず、<ホイールa>の内側であるB8をセットする。
 サスアームに短く切ったチューブを通し、模型用瞬着で固定。抜け止めとする。
パイプ&ベアリング  続いて、<ホイールa>の内側に真鍮パイプを固定する。
 <ホイールb>のB11にベアリングをセットし、サスアームとベアリングの間に模型用瞬着を流し込んで固定。
 ベアリングは駆動ロスを減らすためと言うより、サスアームの抜け止めにちょうど良かったので使用したようなもの。
かぶせる  更に、B11にB12を被せるようにして接着。
 その後、B8に<ホイールa>の外側をセット。
 写真はここまでだが、最後にB6を普通に接着して<ホイールb>を完成させれば、転輪の取りつけは完了する。

 

戻る