白馬47インラインスケボーパーク

 

 1999年9月18日、去年に引き続いて白馬47でSK8。11時40分に白馬駅に到着すると、去年とまるで違って涼しいのにびっくり。空は一面白い雲に覆われていた。
 設備が不満なことは最初から分かっていたので本来なら遠路はるばるまた行く気は無かったんだけど、仲間内でキャンプしようって話が持ち上がり、そのついでにSK8もやるかって感じで出かけることにした。生憎天気がかなり悪かった。
 白馬47のSK8パークは大自然がウリ。天気が悪いと設備の不備への不満がモロに感じられてしまうのが辛い。

スケートパーク

 去年は白馬47ゴンドラ駅の左にパークがあったけど、今年は奥左に移動。敷地は狭くなったけど、セクションは増加。
 左の小さなゴンドラとの間にパークが設定されている。黄色い小さな山小屋型の物体は洒落たゴミ箱。
 去年と同じく3ftの急なバンクとクォーターが並んでいる。中央のファンボックスを挟んで反対側に赤い6ftクォーターも健在。
 ハーフパイプ隣に木製6ftミニランプ。これは去年あった8ftハーフパイプの上部を切り取ったもの。
 ミニランプとしては高いのに幅が狭いから、グラインドやるのが不自由。Rも痛んでいるが木製だからまあ滑ってられる。人気が高いけどスズメバチがうろついてます (;_;)
 ミニランプの右に赤い6ftクォーターがあり、中央にファンボックス、反対側に3ftクォーター&バンクが並ぶ。敷地の対角線を利用し、去年と同じ構成にしてある。ただし6ftクォーターはテーブルトップと手すりを組んで建物から離してあり、ウォールライドは出来ない。

10ftハーフパイプ 6ftミニランプ
 今年のメインディッシュは金属製の10ftハーフパイプ。幅が10メートル近い非常に立派なものなんだけど、利用者は少ない。見た目は滑らかなRなのに、実際に滑るととんでもなくガタガタなのである。裏を見るとやたら横棒が少ない。溶接もあちこち外れている。Rに張った鉄板の隅が浮いてるような感じで、滑るとジェット機でも脇を通り過ぎたかのような轟音が鳴る。
 使いにくいせいかエアー出してるスケーターは殆ど居なかった。ローカルの女の子がかなりうまかった。
 フラットレールは短過ぎてグラインド不能。
 ハーフパイプの前にある小さなバンクは両側にレール付きだが、これも小さくてスケボー用か。カーブボックスは乗ると壊れるので (^_^;) ハーフパイプのボトムにワックス塗られていた。
 斜めレールはU字足の全国共通サイズと、大きく横に足を張り出した平べったい膝高のもの。
 右の階段を上がるとカキ氷やソフトクリーム売っているレストラン。でもこっちの写真は実は翌日撮ったもの。ファンボックスの脇に75センチジャンプランプが移動してあるから。
 後方の土の道はBMXが突進して土で作ったでかいファンボックスに突っ込んでいた。
雨  2時頃になると雨が降って来て、たちまちパークは水没してしまった。
 降水確率は20%しか無かったのに、ムカつく!
 呆然と水没したハーフパイプをチェックするスケーター。しかしこの時点では既に雨が止んでいたので、モップで水を排除すれば滑れるようになりそうだった。
 でも、夜のキャンプは楽しめた。
 白馬が寒いのにはびっくりした。夜10時を過ぎると急激に冷え込んで来た。
 毛布はまだしも、半信半疑で持って来た使い捨てカイロが9月に役立つなんて!
 ちなみに日曜に東京に帰った後、2日連続で熱帯夜攻撃を受けました(大汗)
キャンプ

 

表紙に戻る / SKATE に戻る