所沢航空公園

 1997年12月14日、シーズン滑り納め(?)のスケーターが埼玉県の所沢航空公園に集結。さすがに季節柄か2ヶ月半前に比べると少ないが、それでも30名を越えた
 前回雨にやられて出来なかったホッケードリブルレースや、前回は登場しなかったジャンプランプで遊ぶことができた。

スラローム

放送塔の奥にある人通りの少ない道でスラローム。

 

ホッケー

簡易ゴールも持ち込んでホッケーの試合。

 

ローレール

ローレールで研究中。今回も大小の斜めレールがあったが余り使われなかった。

 

今回も画像だらけで超重いです。

ホッケードリブルレース

ジャンプランプ

表紙に戻る / SKATE に戻る


ホッケードリブルレース

 放送等手前の道を占拠。日当たりのよい方の道は人が多いので使えない。
 スラロームより広めにパイロンを並べ、水を入れたペットボトルをパック代わりにしてドリブル。ホッケーの経験がないと難しいので、パックはパイロンを交互に通すがスケーターはどう滑っても良いことにする。

ホッケードリブルレース

 一人片道で水泳のリレーみたいにパイロン列の両端に分かれて交互に受け渡し。

 

ジャンプランプ

 レールはストリート用の靴を履いていないと挑戦すらできない。
 しかし、ジャンプランプならばどんな靴を使っていても飛べるので、手軽に体験するには絶好!
 面白さに目覚めた人多数★

ジャンプランプ

 航空公園ローカルの人がわざわざ持って来てくれた3分割組み立て式ジャンプランプ。
 まず、台車に乗っている2つのパーツをくっつけます。右の人が持っている鉄棒(オーディオラック等の組み立てで使う穴開きL型)4本をネジで止めるのです。
 そして、左の人が持っている土台に一端を乗せれば完成です。クルマに楽に積み込め、しかも絶好のRを持った高さ60センチのジャンプランプが出来上がり。

 

そして、宴は終わった・・・

放送塔の円形広場

 帰り際の空が奇麗だったので思わずカメラを向ける。画像をクリックするとフルサイズで見られます。

航空公園駅に向かって滑る

 

表紙に戻る / SKATE に戻る